営業マネージャーが意識すべき
営業生産性を高める3つのポイント

申し込みはこちら ▼

営業生産性を高める3つのポイントとは

新型コロナ感染拡大第4波到来の懸念が高まる中、オンラインでの営業活動は一過性のものではなく中長期的に継続すると考えられ、多くの企業では、新たな営業手法としてオンライン商談を実施されています。

しかしながら、対面では簡単にできていたコミュニケーションや状況の把握ができないために、部下やチームへの的確なアドバイスができず、営業組織全体の生産性が落ちてしまった、というお声も多く伺います。

そこで本セミナーでは、営業・経営コンサルティングを得意とする株式会社UKABU、生産性を自動で可視化するマネジメントDXサービス「Retool」を提供する株式会社Retool、超現場主義のクラウド営業支援ツール「Senses」を提供するマツリカの3社で、営業生産性を高めるために、営業マネージャーが意識すべき3つのポイントをテーマにお話しいたします。

営業成果創出に繋がるデータドリブンなマネージメントのヒントを是非お持ち帰りください。

<本ウェビナーはこのような課題を解決します>

  • リモートで営業の行動を把握できず、生産性が下がった…
  • 生産性の高い時間の使い方ができておらず受注に繋がらない…
  • 個々の営業の得意不得意を分析できず、的確なアドバイスができていない…

プライバシーポリシー

プログラム

申し込みはこちら ▼

登壇社・モデレーター

登壇者

金澤 彬

株式会社マツリカ
営業本部長/Sensesエバンジェリスト

大学卒業後不動産テック企業にて新規事業開発、営業本部長として従事。その後、株式会社トレタにて地方戦略、セールス事業部のマネジメントを担い、同社を業界シェアNo.1に成長させる。
2019年、株式会社マツリカに入社。営業本部長兼エバンジェリストとして、イベント・セミナーに登壇し、SFA「Senses」の普及や、セールステックの啓蒙活動を行う。
並行し、BIZTAKE.LLC 代表 / CEOとしてICTコンサルティング業務を行う。

田中 利樹

株式会社Retool
マネージャー

大学卒業後、大手メーカーにていくつかのミッションを担いつつ、入社当初からスポーツ系新規事業の立ち上げをメインとして業務に従事。 その後ベンチャー企業特化型のヘッドハンティング会社にて合計1000名以上の経営幹部とビジネス構築・人材戦略の立案を行い自身もトップヘッドハンターとして活躍。
現職ではスカラグループ(※東証一部上場企業)のグループ会社にてSaaS系サービスの立ち上げに従事している。

モデレーター

丸山 隼平

株式会社UKABU
代表取締役

慶應義塾大学卒業後、リクルートグループにおいて、営業、営業企画、営業統括、代理店統括、マーケティング、経営企画を歴任。新営業拠点の立ち上げ、新営業形態の企画・推進といった、マーケットに応じた営業戦略・組織作りに従事。
その後、株式会社マツリカにて、SaasプロダクトのRevenue担当役員として、マーケティング、インサイドセールス 、フィールドセールス、カスタマーサクセスの4部問の統括。
営業から経営までの自らの経験と、数多くの顧客の課題解決経験から「商談準備を自動化」ツールの開発を行う株式会社UKABU設立。

開催概要

参加までの流れ

参加までの流れ

下にある申し込みフォームから必要情報を記入していただきます。

▶︎

お申し込み後

申し込み完了後、登録頂いたメールアドレス宛にセミナー参加URLをお送りします。

▶︎

開催当日

メールアドレス宛にお送りしたURLからZOOMにアクセスいただきます。

申し込み

申し込みはこちら ▶︎

©︎ 2021 Retool inc.